子宮筋腫の外科手術

子宮筋腫が小さい場合は半年に一度くらいの定期検査で経過観察を行っていきますが、大きくなって体調に異常をきたすような場合は外科的手術といった治療方法が選択されます。 子宮筋腫の外科手術は月経痛が激しい場合や他の臓器などに影響を与えてしまう場合に行われます。

子宮筋腫の外科手術(つづき)

手術後は筋腫も完全になくなり症状も改善されていきますが、再発するケースもあるため、定期的な検診が必要となります。

手術方法としては筋腫だけを摘出する筋腫核出手術と子宮全部を取り除く子宮全摘出術といった方法があります。

どちらを選択するかは担当医と良く相談して決めていくようにしましょう。

子宮全摘出の場合なら子宮筋腫が再発するという心配はなくなりますが、今後妊娠できなくなってしまいます。

子宮筋腫イメージ

ですから子供を生み終えている人、今後出産を希望しない人に適用される手術方法となります。

一方将来的に妊娠出産を希望する場合は、子宮筋腫だけを摘出する筋腫核出手術が行われます。

この方法なら妊娠することは出来ますが、全ての筋腫を取り除けない場合も生じるため、再発の可能性もあります。

手術方法には開腹する腹式手術と膣から筋腫を摘出する膣式手術があります。

女性なら出来ればお腹に傷後の残らない膣式手術を行いたいものですが、筋腫が大きい場合や癒着が激しい場合などは綺麗に筋腫を取り除けない場合もあるため、このような時は腹式手術になってしまいます。

また医学の発達に伴い現在では開腹しないで手術できる腹腔鏡手術や内視鏡手術といった方法が用いられるようになってきています。

HOME | 子宮筋腫の原因 | 治療方法の選択について | 子宮筋腫の外科手術 | 子宮筋腫の薬物療法 |
子宮筋腫の腹腔鏡下手術 | 子宮筋腫の新しい治療法

 

Copyright 子宮筋腫のすべてがわかる All rights reserved.

privacy