子宮筋腫の薬物療法

子宮筋腫があまり大きくなく症状も強くない場合の治療方法として薬物療法があります。 薬物療法は痛みがあれば鎮痛剤、貧血が見られる場合は止血剤といったように、症状にあわせてお薬を処方する対症療法になります。

子宮筋腫の薬物療法(つづき)

子宮筋腫の薬物療法のひとつであるホルモン療法は、ホルモン剤を用いて一時的に閉経状態にさせ、筋腫を萎縮させるというもの。

子宮筋腫が大きくなる原因とされているエストロゲンの分泌を抑えることによって筋腫を小さくし、月経を一時的に止めることによって過多月経による貧血を改善するといった効果があります。人工的に閉経状態をつくるため偽閉経療法と呼ばれています。

この子宮筋腫のホルモン療法にはダナゾールと性腺刺激ホルモン放出ホルモン作動薬GnRHアゴニストといった2つの薬が使用されています。

病院

ダナゾールは性腺刺激ホルモンを抑制したり、卵巣機能を抑える働きのある薬です。

一方GnRHアゴニストは卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを抑制し、卵巣からのエストロゲンの分泌を抑える効果があります。

でもホルモン療法には更年期症状の発生や骨量低下といった副作用があるため、6ヶ月程度しか継続することが出来ません。

ですから一時的に症状を抑えるための治療方法で、治療をやめると月経が開始され筋腫は元の大きさに戻ってしまいます。

ホルモン療法では子宮筋腫を改善することにはならないので、子宮筋腫が原因となる貧血を改善するためや手術前に筋腫を小さくする場合など手術までの一時的な治療方法として活用されています。また閉経が近い人の一時的な治療方法としても使われています。

閉経までホルモン剤を用いて筋腫の発達を抑えることによって、筋腫が発育しなくなる閉経後までの対処法としても有効な治療方法となっています。

またこのホルモン療法には更年期障害に似たような副作用も現れる場合もあるので、治療を始める前に医師と良く相談することが大切です。

HOME | 子宮筋腫の原因 | 治療方法の選択について | 子宮筋腫の外科手術 | 子宮筋腫の薬物療法 |
子宮筋腫の腹腔鏡下手術 | 子宮筋腫の新しい治療法

 

Copyright 子宮筋腫のすべてがわかる All rights reserved.

privacy